お子様が生まれた日のことを

覚えていますか?

妊娠がわかったときの、卵のように小さな命。

お腹の中でどんどん大きくなる、愛おしい命。

「会いたいよ」と生まれてきてくれた、かけがえのない命。

 

母と子の10ヶ月間は、めいっぱい命の尊さを感じる特別な期間。

このときのお母さんのわが子に対する気持ちやエピソードは、

いつか大きくなったお子様へのエールになる。

 

産んでくれて、ありがとう。

生まれてきてくれて、ありがとう。

 

子育ての原点ともいえる、妊娠・出産エピソードで、

お子様に、ご家族に、授かった命の大切さを伝えられることでしょう。

今までにない新しいカタチで残そう

  • ライターがお母さんからお聞きした妊娠・出産エピソードを約1,000文字の文章にまとめます。あのとき、あの瞬間の特別な気持ちを、ずっと忘れないために。
  • 一級技能士のいる写真館で撮影した記念写真とセットで残すことができます。お宮参り、ハーフバースデー、お食い初め、1歳のお誕生日、七五三など、お子様の成長の記念ととともに。
  • お子様の誕生データも入るので、世界で1冊だけの特別仕様になります。(下の画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます)

ロゴの下にお子様の名前が入ります。

お子様の誕生データもしっかりと明記します。

お母さんのお名前とお話くださった年も掲載します。


出産エピソードを話してくれた

お母さんたちの感想とは

  • 「自分の妊娠・出産の話をこんなふうに話せたのは初めて」
  • 「当時のことを懐かしく思い出せてよかった」
  • 「話していくうちに、忘れていたことも思い出せて楽しかった」

唯一無二

キラリと輝くエピソードは必ずあります

出産は、お母さんの体、精神のすべてを捧げる命がけのおこない。

赤ちゃんとともに乗り越えた、奇跡の連続を、

どうか忘れないでいてほしいと願っています。

大切なお子様のために、お母さん自身のために。